社内での立場はどんな感じなのか?

オフィス

大手企業の社内SEの役割について

社内SEは、会社にとってどう言った立場で仕事をしているのか気になる所です。
この社内SEの立場というのは企業によって異なっていることが多いです。

大手企業の場合、社内SEが複数人いる場合がありますので、チームとして仕事をする場合があります。
ですから、社内SEだからと言って特別な立ち位置で仕事をすることはありません。

社内SEの立場というのは、業種や会社の規模によって変動しますので、一律での対応というわけではありません。

SEだけではなく様々な業務がある

逆に中小企業のようにITがあまり進んでいない企業の場合、社内SEは一人しかいない場合が多いです。
よって、ITに関することを全て引き受けることになりますので苦労をする部分もあります。

こうした人数の少ない規模の企業の場合はネット回線業者やホスティング業者まで全てを賄うことになります。

更に、会社でウェブサイトを立ち上げている場合にはウィルス感染しないように対策をする必要があります。
こうしたことを自分で行うか、外注へ依頼をするかによって作業内容が異なってきます。
社内でどういったシステム管理をしているのかをきんと把握し、仕事を上手にこなすことが必要となります。

中小企業での社内SEの役割と立場

中小企業の場合、ITだけではなくパソコンへの知識が乏しい場合もあります。
その為、パソコン操作方法などを教えるといった補助的な作業も加わってきます。
少しでもIT化する為に、会社へシステムの導入のメリットやデメリットなどの計画書を作成し、プレゼンをすることもあります。

あまり規模が大きくない場合には、システム開発を自分で行うこともあります。
大抵の企業は外注に任せますが、一部だけを社内SEが執り行うといった企業もあります。

どうしても規模の小さい会社の社内SEは、エンジニアとしてではなくIT関連全部を行うことになります。
社内でこういった知識を持っている人は社内SEしかいませんので、社内SEとしていい立場で優遇されることが多くなってきます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ