社内SEをしながらスキルを維持するには?

imasia_12384619_S

社内SEになるとスキルが失われる?

SIerのSEとして働いていた方が社内SEに転職をした際、今までの仕事内容よりも簡単な内容になることで、自身のエンジニアとしてのスキルが下がってしまうのでは、と心配する方がたくさんいます。

今まで身につけてきたエンジニアとしてのスキルが、今までと違う仕事をすることにより失われてしまうのは大変もったいないことです。
エンジニアとしてのスキルをそのままに、社内SEとして働くにはどうすれば良いのでしょうか。

SIerのSEと社内SEの違い

そもそも、SIerのSEと社内SEは業務内容にそれほど違いがあるのでしょうか。
SIerのSEが外部のユーザーにシステムの開発・運用をするように、社内SEは社内のユーザーにシステムの開発・運用をします。
システムを開発・運用するという点では、SIerのSEも社内SEも大きな違いはありません。
しかし、社内SEの基本は開発よりも運用となっていますので、開発メインで行っていたSIerのSEならば、スキルが失われてしまうと感じてしまうこともあるでしょう。

エンジニアとしてのスキルが必要なくなっていく?!

また、社内SEとして働く環境によっては、システムの開発を外部のベンダーやシステムインテグレーションに任せてしまうところもあります。
そのようなところに転職してしまった場合には、エンジニアとしてのスキルが必要なくなっていくことに恐怖を感じる方もいるはずです。
社内SEになることによって、スキルが失われてしまうのでは、と心配している方は、社内SEとして仕事をしながら新たな資格を取得をすることをおすすめします。

資格取得でプログラミングの知識を深める

エンジニアとして働くには、さまざまな資格があると大変有利です。
エンジニアに有利な資格には、国家資格である情報処理技術者試験やIT関連団体の認定資格などさまざまな種類があります。

そのような資格をとることによって、プログラミングの知識をより高めることができ、スキルを維持するどころかスキルアップすることができるでしょう。

また、社内SEとして開発業務に携わることができる際には、率先して企画を考えることもおすすめです。
定期的に開発業務に携わることにより、エンジニアとしてのスキルを失わないまま、社内SEとして働いていくことができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ