社内SEとSier、どちらが年収が高い?

imasia_12834501_S

会社によって大きく変化する年収

年収はそれぞれの会社や役割によって異なりますが、社内SEの平均年収は20代後半で約400万円、30代前半で約450万円、30代後半で約500万円相当となっています。
あくまでも平均なので中小企業などの小さい会社ではもっと低い場合もありますし、大企業では年収1000万円を超える場合もあります。

一般のサラリーマンでは平均年収が約400万円と言われているので、社内SEは若干高めだと言えます。

Sierの平均年収も会社ごとに違いますが、約500万円~600万円のところが多く、大手企業なら平均で1000万円を超すところもあります。

Sierの方が儲かる?

しかし社内SEとSier、どちらの年収が高いかは一概には言えません。
それでも単純な給与でいえば、社内SEよりSierの方が多く稼げる場合が多いでしょう。

なぜなら会社内で特に必要とされなければ仕事が増えない社内SEと比べ、Sierは様々な企業から仕事を取ってこられればその分仕事が増えるので稼げる可能性があるからです。

労働時間の観点から見ると?

労働時間の面から見ると、社内SEの方が残業時間は少ない傾向にあるといわれています。
もちろん会社内で様々な業務を頼まれて残業時間がとても多くなる社内SEもいます。

しかし、社内システム開発のトップにいる社内SEは自分の時間設定ができることが多く、残業をほとんどしないという方もいます。
逆にSierは残業時間がとても多く、残業する事が当たり前で、むしろ残業代や休日手当が振り込まれた給料の半分だったなんてこともあるようです。

社内SEの年収は会社内の地位が反映されている

社内SEはSierと比較して、年収は下がる事が多いですが会社の基準によって異なりますし、企業内の情報システム部の地位もかなり反映されます。

地位が低い会社はどうしても評価が低くなりがちで、逆に高い会社であれば評価も良くなり、昇給や昇格に有利となります。
また、実績ベースで給与を決める会社もあるためSierよりも高い年収を狙う事も出来ます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ