新卒でも社内SEになれるのか?

imasia_14260071_S

経験や実績が社内SEの評価となる

社内SEは、大手企業と中小企業によって立場や役割が異なっています。
大手企業の場合は、会う程度役割や部署が切り分けられている為やることがきちんと決められています。

一方、中小企業の場合は社内SEの立場ではなくセキュリティ、インフラ、システム管理など様々な業務を任せられることになります。

システムによっては社内で独自開発している場合もありますので、こうした企業での社内SEはSIer並みに忙しい毎日を過ごすことになります。

大学を卒業してすぐに社内SEになりたい場合には、幅広くそして深い知識が必要となります。
実際の所、企業としては少しでも企業で知識を学んだSEの方が即戦力として使うことができる為、多くの場合中途採用での応募をしていることが多いです。

社内SEは会社規模によって業務内容は異なる

社内SEは会社規模によって異なってきますが、非常に仕事量の多い職種になります。
その為、残業はもちろんのこと長期休暇などを取得することができません。
この背景には、いつシステムのトラブルが起こるかわからない、部下との人間関係、そして自分の時間を取ることができないなどが挙げられます。

結果的に、社内SEとしての実績がないと仕事の方法や効率を考えることができない為転職をしてしまう割合が多いです。
ですから、大学を卒業してすぐに社内SEになるのではなくある程度大手企業で知識や経験を積んでから社内SEの道へ進んだ方が安定した仕事をこなすことができます。

社内SEが自分に合っているかを確認しよう

社内SEを検討しているならまず自分が社内SEという仕事に向いているかどうかを考える必要があります。
社内SEは企業によって業務内容が異なっていますので、企業別で仕事をこなせる能力や知識が身についているのかを確認しましょう。

社内SEは年齢制限などはありませんので、ある程度の知識や実績を身につけてからでも十分に活躍できる業種です。
転職を考えるときも、自分の知識にあった企業を選ぶことで社内SEとしての能力を発揮することができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ