社内SEの魅力に迫る

pixta_17253139_S

社内SEが人気の理由

社内SEが人気である理由はその魅力にあります。

まず、なんといっても実力を発揮する場面が多いためやりがいを感じられます。

SIerは顧客企業に対するシステムの開発のため、目に見えない相手のために業務を行う印象が強いですが、社内SEは直接見える範囲の人に対してサービスを行うため、直接リアクションを聞くことができるものです。
そのため、自分の周囲にいる人のために仕事をしているという実感がわき、仕事に対するやりがいも感じやすいものです。

また、SIerではシステムの一部を請け負うことが多く全体を見ることが難しいですが、社内SEの場合はシステムを一貫して管理していくため達成感を得やすいのです。

離職率が低い

やりがいを感じる=仕事を辞めようとは思わない

ということにつながります。
そのため、社内SEは離職率が低いことも魅力のひとつに挙げられています。
これはやりがいだけでなく、転勤がほとんどないことや残業が少ないということも関係してきます。

なぜ転勤が少ないのかというと、社内SEは一般的にシステム管理を行う部署を配置する本社採用が多いです。
業務内容としては一貫して社内システムの管理を見守っていかなければなりません。
そのため、企業としては社内SEを転勤させるわけにはいかないのです。

転勤が嫌で前の仕事を辞めたという話も多く聞く中で、転勤がほとんどないということは魅力的な部分ではないでしょうか。

また、突発的な問題がない限りは残業は多くありません。
残業時間が少ないことは仕事に対するストレスを感じにくくなるため仕事を辞めたいと思わなくなります。

こういったことから社内SEの離職率は低いと言われています。

コミュニケーション能力が上がる

SIerは同じチームの人間との打ち合わせなどでしかコミュニケーションを取ることがないですが、社内SEの場合はクライアントは同じ社員のため直接コミュニケーションを取ることが多いです。

そのため、黙々と仕事をするだけでなくコミュニケーション能力も重要となってきますし、仕事にもメリハリがつきます。
また、直接コミュニケーションを取ることができることはクライアントのニーズも把握しやすくサービスの質も向上するため、自らのスキルアップにもつながるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ