社内SEを選ぶ理由とは?

imasia_12201208_S

SE業界で人気の社内SE

システムエンジニア、所謂SEと言われる方々の仕事にはソフトウェアエンジニアやセキュリティエンジニアなど、大変多くの種類があります。

上流工程・下流工程などシステムを作る工程においても、SEの分類は様々です。
そんな数多くの種類があるSEですが、SE業界では社内SEを希望するSEの方がたくさんいます。

なぜ、社内SEは業界で人気なのでしょうか。
数多くのSE達が社内SEを選ぶ理由について調べてみました。

社内SEならではの達成感と意欲

社内SEは、システム開発前の企画会議からシステムのリリースまでシステム開発における全ての工程に携わることができます。

普通のSEの場合、工程によって分類分けされていることが多い為、システム開発の全てに携わることはなかなかありません。
そういったこともあり、システム開発における“達成感”の高さから社内SEを希望する方がいます。

また、開発をしたシステムを使用するユーザーは同じ社内の社員の為、そのシステムを使うことにより、成果や効果が高まったことがすぐにわかるというのも、社内SEならではの特権です。

ユーザーから直接「ありがとう。」「助かった。」と言われることが多い為、次のシステム開発への“意欲”が高まります。
このような“達成感”や“意欲”を求めて社内SEになる方は多いです。

社内SEならではの“達成感”と“意欲”は、SEが社内SEを選ぶ理由の1つとなっているでしょう。

楽だからという理由は間違い

“達成感”や“意欲”以外で社内SEを選ぶ方の場合、“楽そうだから”と答える方が多いです。

社内SEを経験したことがない方の場合、社外のお客様を相手にする普通のSEよりも社内の社員を相手にする社内SEのほうが“楽”と考えてしまうのは仕方がないことでしょう。
しかし、社内SEは社内SEなりに大変な業務がたくさんあります。

普通のSEと社内SEのどちらが“楽”かは、働いてみなければわかりません。
システムの開発・運用と言っても、実際に働いているのは人間です。
向き・不向きは必ずあるでしょう。

“楽そうだから”という理由で社内SEを選ぼうとしている方は、もう一度社内SEの業務について調べてみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ