社内SEへの就活で知っておくべきポイントとは?

imasia_15479172_S

自社システム運用は責任重大

社内SEとして企業に就職したいと考えたとき、抑えておかなければいけないポイントがいくつかあります。

社内SEは、自社のシステム運用と社外のシステム運用の2つの業務があります。
中でも自社システム管理は、今以上に円滑且つスムーズにできるような開発を任せられることがあります。

この場合、開発については外注で依頼をする場合が大半ですがその後の管理が社内SEが行います。
ですから、開発したシステムを上手に動かすことができるかは社内SEの経験や実績にかかってきます。

就職を検討している場合には、実績かそれとも未経験でも行えるのかを見極めることが必要です。

幅広い情報量が必要になる

社内SEとして活躍するには、情報の豊富さもポイントになってきます。

社内SEはIT関連の技術も必要とされる為、バージョンアップや最新の技術や情報を常に持っている必要があります。
こうした情報は業種によって異なる場合があります。
ですので、幅広い情報や知識を意識的に持つように心がける必要があります。

更に、業種によって役割が異なってきますので就職をする際にはどういった知識が必要になるのか事前に確認しておく必要があります。

エンジニアとしての業務は意外と少ない

社内SEはシステムエンジニアですが、実際の所技術に携わることはあまりありません。

多くの場合、システム開発や運営、顧客との打ち合わせなどがメインとなってきます。
社内SEには様々な役割があると言われていますが、インストールや問い合わせの対応、ネットワークの確認などSEでなくても行える業務はあります。
こうした業務よりも、コミュニケーションを大切にしながらスムーズに業務をこなせる能力を伸ばすことを重点におくことが大切です。

就職では、まず社内SEとして企業になにができるのか、今持っている能力を生かすことができるのかなどを考え、能力にあった業種への就職を検討することで、スキルアップや今の技術力を高めていくことができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ