社内SEの給料、年収の相場ってどれくらい?

社内SEも“3K”?

「きつい」「帰れない」「給料が安い」という最悪の“3K”が揃っていると言われるSEは、“IT土方”と称されることがよくあります。

そういったことから社内SEを希望している方の中にも、“3K”が揃っているのではないかと心配される方が多いはずです。
“3K”の中でも、特に気なるポイントがお給料のことでしょう。

ここでは、社内SEのお給料と年収の相場について調べてみました。
社内SEを目指す方は、是非参考にしてください。

ITの知識と技術が反映されている年収額

社内SEの年収の相場は、580万円と言われています。
ボーナスが2.5ヶ月分と想定し、単純に12ヶ月で割った場合、割り出される平均月収は35万円程度です。

この月収を安いと捉えるか高いと捉えるかは人それぞれですが、一般的なサラリーマンの平均年収が400万円と言われている現代では、比較的高めのお給料がもらえる仕事と言えるのではないでしょうか。

ITという専門的な知識・技術を持っている分、その知識と技術がお給料にも反映されているのだと考えられます。

スキルと年齢で年収がアップ

社内SEの年収相場は、年齢やSEとしてのスキルによって段々と上がっていく傾向にあります。
まだスキルがあまりない20代後半は400万円前後、徐々にスキルがついてきた30代前半で500万円弱、スキルがしっかりと身に付いた30代後半で550万円前後となっているそうです。

スキルが高ければ、20代後半でも500万円前後の年収を得ることができます。
SEとしてのスキルを磨き、自分のスキルに見合ったお給料を出してくれる職場を探しましょう。

就職・転職の企業選びは慎重に

社内SEのお給料は、務める企業によって大きく変わります。
大きな会社の社内SEとして働くことができれば、20代後半で年収900万前後、30代で年収1000万円の大台に突入ということもあるそうです。

また逆に、小さな会社の社内SEとして働いていると30代後半でも年収300万円に満たないこともあります。

社内SEの年収相場は決して低いものではありませんが、務める企業によって大きな差がありますので、就職・転職の際にはしっかりと見極めることが大事です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ