社内SEに向いている人、向いていない人

imasia_6419819_S

社内SEに向いている人

社内SEは会社のシステムをじっくり開発したい人、組織人でいれる人に向いています。
SI(システムインテグレーター)は最新の開発手法やマネジメント手法といったスキルや知識を吸収する環境にありますが、社内SEはシステムやアプリケーションが固定されているため、なかなかそういったものを吸収しにくくなってしまいます。

そういったことから会社の事業内容や業界を理解し、その会社ならではのシステムを開発していくことが重要です。

コミュニケーション能力が必要

社内SEは企業の形態や規模によって様々ですが、純粋にエンジニアとしての仕事だけではなく、開発以外の業務も多くなります。
顧客からの問い合わせやトラブルといったちょっとしたシステム改修の対応もなども行わなくてはいけません。

さらに社内のさまざまな部門との調整も行います。
会社の制約や人間関係、政治環境など組織の中の一員として働かなければいけないので、顧客に対するもの以外のコミュニケーション力が必要になってきます。

幅広い仕事に積極的に取り組める人

社内SEは業務によっての仕事内容がきっちり決まっているわけではありません。
組織の人間なので時には理不尽な要求にも応えていかなければなりません。なので積極的に何事にも取り組める人が求められます。

社内SEに向いていない人

逆に社内SEに向いていないはどういった人でしょうか。

まず、システムの開発だけに取り組みたいという人は社内SEには向いていないと言えます。
社内SEはシステムの開発し、導入した後もそのシステムのトラブルや問い合わせの対応、改修作業も行わなければなりません。
さらに新規の開発業務を担当すれば開発もメンテナンスも行う必要があります。

他にはSEとしてどんどんスキルアップしたいという人にもあまり向いていません。

もちろん社内SEもアプリケーションからシステムインフラまでの業務をこなし、スキルアップしている人もいますが、ほとんどの場合こうしたスキルアップに制約を受けてしまいます。
同じ環境下の開発作業が続き、SEとしてのスキルが固定され、外部に出てしまうと通用しなくなる場合があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ