未経験でも社内SEになれるのか

pixta_12202095_S

未経験でも社内SEになりたい!

社内SEは未経験者でもなれるものなのか?
結論から言えばなれます。

現在、ITエンジニア不足が深刻な問題となっており、未経験者でもOKという求人を出す企業が増えています。
その背景にはリーマン・ショックから立ち直り、人材を育てるための資金確保ができたことにより未経験者を育てていく社内環境を整えることができた企業が増えていることもあります。

しかし、採用する企業としても社内SEを経験している方が人材としては魅力を感じますので、社内SE未経験者は転職成功の確率が低くなります。
また、未経験者OKの求人でも以下の条件を掲示する場合が多くあります。

  • 大学卒業以上
  • IT業界経験者(2年以上)

このように、未経験者が社内SEになるには経験者に比べると狭き門となってしまうのです。
学歴・経歴問わずという求人となれば、おそらく社内SE求人の1割にも満たないのが現実です。

未経験OKで採用されやすくするには?

もちろん、未経験OKの求人が出ているからと言って必ず採用されるというわけではありません。
先ほども述べたように企業はできれば経験者の採用がしたいはずです。

そこで、未経験者でも企業が魅力を感じるような付加価値を自分にプラスすればいいのです。

  • 今までは違う業種で働いていたけどSEになりたいという夢が諦めきれなくて個人的に勉強をしている
  • 仕事ではなく趣味でアプリを作っている
  • 社内SEになりたいのでIT関連の資格を取得している

など「自分はSEになりたい!」という熱意を持ち、社内SEになるためにプラスになりそうなPRポイントを持つことも重要です。

例えば、書類選考の段階であれば今までの経歴が書類に書かれているだけよりも、少しでも社内SEになりたいという思いを感じられる書類のほうが企業側も興味を持ちます。
興味を持ってもらえるということは採用の確率が上がることにつながるのです。

もし、本当に未経験だけど社内SEになりたいという熱意があれば何かしらのアクションが重要になってきます。
独学でプログラミングを学んでみたりIT関連の資格取得をするなど自分なりに熱意を表してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ