社内SEに役立つ資格にはどんなものがある?

imasia_9886232_S

資格取得で社内SEへの就職・転職を有利に!

社内SEとして就職・転職を希望している方の中には、社内SEとして働く為に必要な資格を取得したいと考えている方も多いでしょう。
社内SEを募集している企業の求人情報などを見てみると、応募資格の欄に資格について記載されているものはそれほどありません。

しかし、記載されていないと言っても就職・転職をする際に資格を所有していることは武器となります。
ここでは、社内SEとして働く際に役立つ資格についてご説明いたしましょう。

情報処理技術者試験とITベンダー認定資格について

まず最初にご説明するのは、情報処理技術者試験についてです。
情報処理技術者試験とは、IT関連の資格として有名な国家資格になります。

情報処理技術者試験にはさまざまな試験の種類がありますが、中でもおすすめな資格が基本情報技術者です。
こちらの資格は、社内SEとして働く以上、最低限取得しておきたい資格だと言われています。
ITの知識を深める為にも、基本情報技術者の資格を取得しておくようにしましょう。

次にご説明するのは、ITベンダーの認定資格についてです。
ITベンダー認定資格は、国家資格ではありません。
しかし、社内SEとして働くのであれば、取得しておいて損はない資格と言えるでしょう。

ITベンダー認定資格もさまざまな種類があります。
その中でも、社内SEが取得している人気の資格はオラクル(データベース分野)やマイクロソフト(データベース分野)です。
社内SEとして働くには、データベース関連の資格を取得しておくようにしましょう。

IT関連団体の認定資格とビジネス分野の資格について

次にご説明するのは、IT関連団体の認定資格についてです。
IT関連団体の認定資格も国家資格ではありません。

しかしこちらも社内SEとして働くのであれば、取得しておくべき資格です。
IT関連団体の認定資格もさまざまな種類があります。
中でも人気な資格は、人材育成を目的としたITコーディネータやITサービスの運用管理に関するITIL(ITILファンデーションなど)です。

ITILは比較的簡単に取れる資格と言われていますので、積極的に取得するようにしましょう。

最後にご説明するのは、ビジネス分野の資格についてです。
ビジネス分野の資格も国家資格ではありません。
しかしこちらの資格は、社内SEとして働く時はもちろん、さまざまな事務作業に活かすことができます。

ビジネス分野の資格にはたくさんの種類がありますが、社内SEに人気な資格は日商簿記やマイクロソフトオフィススペシャリスト、パソコン検定などです。
これらの資格はテキストやワークがたくさんありますので、独学で取得することもできます。
仕事に役立つ資格を取り、社内SEとして働きましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ