女性が社内SEとして働くコツは

pixta_14209297_S

女性社内SEは全体のどれくらい?

社内SEと聞くと男性の仕事というイメージがあり、女性にとってはあまり縁のない職種に思えますよね。
実際、IT関連のエンジニアとして働く女性は近年増えていると言っても全体の2割程度と言われています。
この中でも社内SEという職に就いているという女性はおそらく半数もいないことでしょう。

なぜ女性の社内SEが少ないのかというと、やはりエンジニア=男性という世間のイメージと勤務形態がきついことが考えられます。
そもそも、新卒でIT業界に入社するような専門学校や大学の学部は工業系が多く女子学生が少ないため、必然的に女性が社内SEとして働くことは少なくなってしまうのです。

女性が少ないからこそ重宝される

しかし、社内SEは女性が少ないからこそ女性であることを活かせる職種なんです。
まず、女性ならではの細やかな気配りはプロジェクト内に与えるメリットはとても大きいです。
やはり男性だけの職場では環境も荒んでいきプロジェクトがまとまらなくなりがちですが、女性がいるというだけで環境の改善がされるのです。

また、お話ししている通り、社内SEは男性ばかりの環境が多いため女性と接する機会が少ないことが現実です。
そのため、男性SEは女性SEに対して甘くなってしまうことが多いため、作業を進めていくうえでサポートをしてもらいやすいです。
言葉は良くないですが、作業効率を上げるためには女性であることを利用することで働きやすい環境を作りやすくなるのです。

女性SEのデメリットとは?

社内SEの業務には多かれ少なかれ夜勤があることが多いです。
たとえセキュリティがしっかりした職場であったとしても企業としては女性に夜勤をさせることに不安を感じることもあるでしょう。
企業側も日勤で固定するなどの配慮もしてくれますが、裏を返せば企業側から使いにくい印象を与えてしまうものです。

また、結婚や出産などのライフイベントによって環境が変わってしまうことにより男性SEよりも出世が遅くなるなどのデメリットもあります。

労働時間が安定しないことから社内SEを選ぶ女性は少ないですが、メリットも多数あります。
女性であるということにあまりコンプレックスは抱かずに利用することを考えてみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ