社内SEに転職するための志望動機のポイントとは

pixta_16654891_S

志望動機を書く前に押さえておくべきポイント

まず、志望動機を書く上で覚えておきたいのが「志望動機は面接官が応募者の入社意欲を知るためのもの」ということです。

そのため、自分をアピールすることよりも「なぜこの会社を選んだのか」や「この職種に対する熱意」を軸にして志望動機を書くことが重要になります。

そして、志望動機を書くにあたって必要となることが応募先の企業や業界について調べたり、自分の考えをはっきりとさせることです。
応募先企業・業界について調べることによってその企業の方向性を把握することができますし、その企業のサービスや商品を学んでいくことでその会社を選んだ理由を明確にさせることができます。

また、「この会社で働きたい」や「この仕事がしたい」というだけの志望動機は当たり前のことです。
「どうして自分はこの会社を選んだのだろう」、「どうしてこの仕事がしたいのだろう」という一歩踏み込んだ自分の考えを整理することが大切です。

経験内容ではなくその経験の活かし方を伝える

では、実際に志望動機の書き方についてご説明していきます。

応募先企業について調べて自分の考えを整理したとき、どうしてこの会社で働きたいのかということが明確になったはずです。
しかし、その理由をただ書くだけでは「この会社で働きたい」という志望動機と変わりはないのです。

そこで「こういうところがあるからこの会社でないとダメなんだ」という風に見方を変えることが必要です。
他の会社では実現できないということを書くことで、採用担当者の興味を引くことになります。

また、自己PRは必要なくともある程度の経歴紹介は志望動機の必須事項です。
ただの経歴紹介にならないようにするには、自分の経験をこれからどのように活かせるかをアピールすることです。
社内SEはSEとしてのスキルだけでなく応用力や発想力、さらにコミュニケーション能力も必要となります。
自分のスキルをただ紹介するのではなく、今後どのようにそのスキルが役立つかを伝えることで自然とコミュニケーション能力の高さをアピールできるのです。

志望動機は自己PRではありません。
しかし、社内SEとしてどのように働きたいか、なぜこの会社でないといけないのかなど基本的なことを書いていくことで自分が御社の社内SEにぴったりな人材であるということがアピールできるものです。
まずは自分の考えをしっかりと見つめなおすことから始めてみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ