社内SEは「何でも屋」さん?

Group of Diverse Multiethnic People Various Jobs Concept

社内SEの業務は業界によっても異なり、その業務も多岐に渡ります。
そのため、プロジェクトの大小に関わらず、困ったときに助けてくれる頼もしい存在と思われる反面、「技術的なことなら何でもしてくれる」というイメージもあるのも確かです。

今回は社内SEが何のために存在するのか、そして「何でも屋さん」というイメージがあるのかについて、ご紹介したいと思います。

社内SEの役割

社内SEは主に季語湯の情報システム部門に配属され、主な役割は大きく分けて、4つあります。
インフラ・基幹システムの構築、その運用・保守業務、IT戦略・システム企画の立案、ヘルプデスク・サポートです。

花形と言われるのが、大規模なインフラや基盤システムの構築、企業のIT戦略の策定などが挙げられます。
そして、何でも相談できるというイメージがつきやすいのがヘルプデスク・サポートです。
経験の浅い社内SEはヘルプデスク・サポートの業務を任される方も多いのが実情です。

技術的な知識のない社員にとっては「何でも屋さん?」

ヘルプデスク・サポート業務を行っていると、「わざわざそんなことで…」と質問を投げかけてくる方に苛立ちを覚える社内SEも多くありません。
しかし、技術的な知識がない社員にとっては一大事の出来事であり、それを解決してくれる社内SEは「技術的なことは何でもできる」というイメージがつきやすい傾向があります。

しかし、これは雑用的な意識ではなく、「何でも解決してくれる」という尊敬の念を持っている方も多いので、頼りになる存在として評価されているのでむしろ喜ぶべきことです。

ヒアリング能力、業務分析能力が高い

社内SEは部署を横断するような業務が多く、特に企業の将来を左右するIT戦略やシステム企画はヒアリング能力や分析能力が長けている必要があります。
そのため、他の社員に比べても社内の中でも問題解決能力が高いため、トラブルの起きているプロジェクトや難易度の高いプロジェクトのヘルプ要員として呼ばれる機会が多くなります。

全ての技術的な知識が必要とされる頼りになる存在

社内SEにはネットワーク構築、設計、運用などの全般的な知識及び技術力、サーバー構築、設計、運用など幅広いスキルが求められます。
また、経験が物を言う職種であるため、ヘルプデスク・サポートなどの下積み経験を積む必要があります。
若いうちから大規模なプロジェクトを任される方もいらっしゃいますが、相当優秀でないとそんなチャンスは訪れません。

従って、地道に業務をこなすことが社内SEとして成功する近道でもあります。
そんな地道な姿勢が良い意味で『何でも屋さん』というイメージを生んでいるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ