社内SEに求められる条件とは?

Ability Skill Expertise Performance Experience Concept

「いずれは社内SEに…」と考えていらっしゃるシステムエンジニアの方も多いのではないでしょうか。
近年、社内SEを積極的に採用している企業も多いですが、人気も高く、競争率も高い狭き門であることには変わりありません。

今回は社内SEに転職するにあたり、社内SEに求められる条件について、ご紹介したいと思います。

知識、技術、経験は当たり前

社内SEは自社システムやサービスを主に担当する業務ですが、その担当範囲は広く幅広い知識と高度な技術力、経験が必須とされています。
従って、難度の高い資格を保有していない、大規模プロジェクトに関わった経験がないといった場合は面接どころか、書類選考で落ちてしまいます。

しかし、こうしたスキルは当然一朝一夕では身につきません。
そのため、日々の業務にしっかりと取り組み、地道に知識と経験を積み重ねていくしかありません。
社内SEは社内の中でITに関する知識は一番であることは当然といえます。

判断力とコミュニケーション能力が必須

社内SEに求められる条件の一つがコミュニケーション能力です。
どんなスキルや資質があったとしてもコミュニケーション能力がなければ、社内で活躍することができません。
また、判断能力も社内SEに求められる大切な条件です。社内SEは多くの部署と横串で作業をすることが多い職種です。
加えて、外部の協力会社との連携などコミュニケーションが主体となる業務が多いのも特徴です。

さらには経営層の方針に応えた総合的な判断力も必要となります。
いくら、技術的に素晴らしいシステムを構築してもコストや稼働率など経営層が気にする視点でプロジェクトを随時判断しなければなりません。

また、「人を動かす」スキルも重要となります。
技術的な視点から企業にどのような恩恵をもたらすかをきちんとプレゼンテーションを行い、費用対効果や生産向上などの視点から経営層や各ベンダを説得する必要があります。
知識や技術ばかりが先行した提案は受け入れられないことが大半のため、自社、外部会社のキーマンをいかに動かすことができるかが社内SEの真価といえます。

技術以外の知識も必要

社内SEに求められる条件として、技術以外の知識も必要となります。
社内SEは自社システムの改修を行い、会社全体の利益をプラスにする目的があります。

そのため、経営やマーケティング、法務、会計といった普遍的なビジネススキルも必要とされ、各部門の事情や課題を知り尽くしている必要があります。このような知識の有無が企業経営に役に立つシステムを作り上げるポイントとなります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ