誤解されがちな社内SE

Business People DIscussion Brainstorming Teamwork Concept

社内SEは幅広い知識と技術、優れたヒアリング能力と分析能力が求められる難易度の高い職種です。
しかし、社内SEに憧れる方の中には締め切りに負われることもなく、マイペースで仕事ができる、いわゆる勝ち組の職種というイメージを持たれている方もいらっしゃいます。
今回はよく誤解されがちな社内SEについて、ご紹介したいと思います。

楽な仕事?

残念ながら「社内SEは自社のシステムの監視や保守、サポート業務がほとんどで特にトラブルがなければ、特に動くこともない楽な仕事、しかも高収入」という幻想を抱いている転職希望者も少なくないようです。
断言いたしますが、社内SEほどコストに敏感で会社の重役との折り合いをつけるのが難しい職種はありません。

もし楽をしたいという理由で社内SEを目指そうとしている方は決して社内SEとして転職することができないことを肝に銘じてください。

ビジネスのサポート役ほど難しい職種はない

社内SEは自社のサービスやビジネスを技術的な観点からサポートする重要な役割です。
そのため、人一倍コストを気にする必要があります。

効率の悪いシステム運用や設計をいち早く見つけ出し、解決策を提案する能力、技術的知識がない部署へのヒアリング能力、コスト管理する重役との調整など、ひたすら作業をしていたSEの時代とは全く異なる次元の苦労が待っています。
そのようなしがらみを乗り越えて、自社のシステムやサービスに対して、目に見える形で貢献できるため、やりがいも高く、見合った報酬を受け取ることができます。

受身では決してできない社内SE

社内SEはその役割や業務内容により、よく相談を受ける立場にいます。
そのため、自分から動かなくとも業務が舞い込んでくることも多々あります。

しかし、自社サービスの運用以外にも提携会社さんへのシステムの説明やシステムの企画・設計開発・保守運用・改善というループ業務を常に行い、ベストを求め続けなければいけません。
そのような責任ある業務が多い社内SEは何かとストレスも多い職種です。ただ単に長時間労働を行いがちなSEとは異なり、自分から積極的に動く必要があります。

常に思考し、情報収集を行い、ベストを負い続けるビジネスマン

社内SEは最新の技術や知識を常にアップデートしなければなりません。
そのため、普段の業務を行いながら、常にレベルアップを志し、部下ができた際には教育・指導などのマネジメントも行います。

最新の知識と技術力、営業力、提案力、ヒアリング能力、分析能力、マネジメント能力などビジネスマンとして十分すぎるほどのスキルを必要とされる社内SEは決して楽な職種ではありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ