社内SEはコミュニケーション能力が必須?

pixta_20173460_S

社内SEの能力は、IT技術に長けているだけでOKではない?

社内SEと聞いてみなさんはどのようなイメージを持たれているでしょうか。
SEつまりシステムエンジニアなのですから、社内のネットワークやパソコンなどITに関する技術に長けているという点はもちろん必須ですよね。
しかし、果たしてそれだけで社内SEとして重宝されるための能力は完璧だといえるのでしょうか?

社内SEは基本的に一企業の中で社内の情報システムやアプリケーション、ネットワークなどの管理・企画・開発・保守などを行うエンジニアのことです。
ITエンジニアのなかでも顧客先常駐や下請けを受け持つSEとは違い、自らの属する企業の社内で働くことが特徴です。
そこだけ見るとお客様の対応をしなくて良いのですから、社内SEにコミュニケーション能力はさほど求められていないようにも見えます。
でも、実はそんなことはないのです。

社内SEにこそコミュニケーション能力が必要な理由

社内SEに求められる役割は企業によって様々。
たとえば「パソコンの調子が突然悪くなった」「新しいパソコンを購入するからセットアップをお願いする」などといったサポートやトラブル対応の役割があります。
いわゆる「受け身」の仕事のように思えますが、そうではありません。

まず相手は用語などに詳しくない場合も多く、うまく説明してくれないことも多々あります。
何で困っているのか、最終的に何を求めているのかなどを読み取ったり引き出したりする必要があるからです。

社内SEには、ユーザーである現場が相談しやすい雰囲気を持っていることも重要です。
社外に派遣されている場合と違い、同じ社内の人間同士「これぐらいのことで…」と相談を遠慮してしまう人もいるなど、問題を先延ばしにしている間に解決が困難になったり長引いたりすることもあるからです。

社内SEにとっては社内の人たちこそがお客様

下請けなど、社外で働くSEとは違い、対する相手やユーザーは同じ社内の人間です。
そのため、つい気を緩めてしまう可能性もありますが、社内SEにとってのお客様は何を隠そう社内の人たちなのです。

お客様である社員としっかりコミュニケーションをとりつつ、ときには経営陣の立場にも立って、本当に求められているものを提案していけることがより重宝される能力だと言えます。

そのためには社員だけではなく上司や経営陣などとも意思疎通を交わしていく必要があるのです。
社内SEはこのように経営や現場の声など様々な角度から企業のことをよく理解し、動いていくことのできる仕事なのです。
長い目で見たとき、コミュニケーション能力は社内SEにとって大きな力となるはずです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ