社内SEから社内SEマネージャーになるためには?

pixta_11112339_S

これまでとは考え方を変える必要も

社内SEを続けていて、そのままの働き方をすることももちろんいいことですが、なかには更なる成長を目指したいと考える人も居るでしょう。

では、社内SEマネージャーになるにはどのようなことが必要となってくるのでしょうか。
社内SEであれば単純に技術と知識を使うだけで良かったかもしれませんが、ネージャーともなるとそれだけではなく、システム部門を管理していく能力が必要となってきます。

給与のアップなども期待できますが、それまでとは違った考え方や働き方を求められることともなります。
マネージャーを目指している方は単純に給与面などのメリットだけを見るのではなく、果たして本当に自分が求めているものなのか、理想と照らしあわせる参考にされてはいかがでしょうか。

マネジメントに必要なスキル

マネジメントとしてのポジションを、大きく分けて以下の3つの面で見ていきましょう。
テクノロジーマネジメント、ビジネスマネジメント、プロジェクトマネジメントです。
テクノロジー面では、最新のIT技術や知識を有しており、かつそれを駆使してどのように経営戦略に沿ったプランを立てられるかが問われます。

また、ビジネス面では経営についての知識が必要となってきます。
企業の目指しているものや経営、業務の全体像をよく理解したうえでITシステムの全体構想を練ることなどが求められます。

プロジェクト面では開発に関するコストや成果、納期などあらゆる点を考えに入れ、適切に動かすことのできる能力が大事です。またそれぞれに共通して言えることは、人をうまく使う力です。

外注であればベンダーをコントロールし、その提案を適切に処理できるか否かという点、内製なら社内SEの調整も重要なポイントとなるのです。
また、プロジェクトに関わる人すべて、つまりは経営陣をも納得させ動かせるだけのプレゼンテーション能力が必要です。

長期的、俯瞰的な視野で自らの能力を磨く

社内SEとして働くのであれば、技術や知識の他に人当たりの良さなどのコミュニケーション能力は大事ですが、マネジメントとなると更に上のデリバリースキルや経営者的視野が求められるということなのです。

マネジメントをするにあたり、上述する能力の全てを持っているに越したことはありません。しかし、今後のステップアップを考えた時には、自らが属している企業やこれまでの自分の立ち位置などを踏まえて「自分がどのようになりたいのか」という長期的、俯瞰的な視野を持つと良いでしょう。

新規事業や新案件に積極的に参加していくことなども、自らを見つめなおしスキルを磨くいい機会となります。マネジメントに必要な能力について日々考え、さらに実際に実行できている社内SEはそう多くありません。

企業としては重宝でき、かつ不足しがちな人材だということなのです。そのため高い給与を払っても確保したいと、各企業は求めているのです。

もちろん、社内SEとしてすでに激務であるという方も多く、そんななか向上心を抱いて働いていくことは大変です。しかし不況の中生き残っていくためにも、自らの能力を磨き社内SEとして更に上を目指していくことも大事なことではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ