良いことばかりではない?社内SEの苦労とは

pixta_12527242_S

社内SEといえば、高年収で社内のシステムの運用・保守・改善などが主な業務で受託開発と異なり、マイペースで行えるシステムエンジニアの憧れの職種であるというイメージがあります。
確かに社内SEになる人は知識、技術、その他の能力も高いため、難なく課題をクリアしてしまうため、このようなイメージがあるのではないでしょうか。
しかし、社内SEは良いことばかりだけではありません。

今回は社内SEの苦労について、ご紹介したいと思います。

地味な業務もある

社内SEは自社のシステムの再構築などが必要となったときに採用されることが多いです。
そのため、転職後の初業務は自社システムの調査から始まり、課題や問題点の分析などの業務が中心となることが多いようです。
新しいシステムへの移行を行う場合はバグやミスを起こさないように万全の準備をする必要があります。

また、新たな技術を導入したりするということができない場合もあります。
既存システムの相性などにより、技術的なチャレンジができないプロジェクトも多いようです。
そのため、機能追加などがない、単純なシステム移行を行う業務もあるため、前職よりも刺激が少なくなる可能性があり、マンネリ化する危険性もあります。
こういったモチベーションの低下を防ぐために、常に自分自身の意識を高く保つ必要があります。

全ての業務に対して、責任を持つ

社内SEは幅広い業務を一手に受け持つ職種でもあります。
外部SEとのやりとり、コスト管理、社内各部門との調整業務、システムの企画・設計、プログラミング、テスト、導入などの運用試験、ユーザーからの問い合わせ対応、昼夜問わずのトラブル対応などの業務をこなす必要があります。

そのため、今まで一つの業務に従事するだけでよかったSE時代とは異なるため、慣れない方はむしろ残業時間が増えたという方も珍しくありません。

ちょっとした仕事も頼まれる

社内SEは各部門を横断したプロジェクトを担当することが多い職種です。
また、知識や技術力が高い人が多いため、トラブルの解決能力が高い傾向があります。

そのため、各部署で顔が売れてしまい、ちょっとしたトラブルや問い合わせ、システム改修においても依頼をされることが増えてしまいます。

社内SEは外注SEと異なり、社内調整がしやすいので容易に依頼が可能ということもあり、「彼に頼めば、何とかしてくれる」という、ありがたいのか迷惑なのかわからない評価が高まります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ