社内SEが行うストレス解消方法は?

pixta_16954345_S

 仕事を長く続けたいなら、ストレス対策は必須

昨今は社会生活におけるストレスが問題になっています。どんな仕事でもまったくストレスがない職場などありませんが、社内SEもストレスを感じやすいという声が聞かれる職業のひとつです。

日常生活を送るうえで、ストレスはある程度存在するほうがメリハリがつくものなので、必ずしも憎むべき現象だとは言えません。しかし、ストレスが溜まり過ぎると心の調子を崩したり、病気になったりといったこともありえます。

社内SEを長く続けたいと思っている人ならなおさら、体も心も健康でいなければならず、そのためにはストレスとの上手な付き合い方や、ストレス解消法を知っておく必要があります。ここでは社内SEにぴったりのストレス解消方法をご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

実は、肉体的なストレスケアも効果的

ストレスと聞いてまず思い浮かべるものは何でしょう。
大抵の人が人間関係や責任への重圧感など、精神的なことを考えるのではないでしょうか。
しかしストレスには肉体的な面も存在するのです。
運動をすることで気分までスッキリ爽快になった経験はありませんか?
逆に、趣味などに夢中になっているときは疲れを感じないなど、私たちの心と体は密接につながっています。
社内SEはじっと座っている時間が長い仕事です。
また、PCを見つめている目も疲れを溜め込んでいます。
座りっぱなしは腰や肩など各所に負担をかけており、血行不良や眼精疲労など社内SEの体は仕事によるストレスにさらされやすい状況。このような肉体的ストレスを解消するだけで、意外なほど肉体的にも、精神的にもスッキリできることができるのです。
ですが、普段動かない人が急激に動くと怪我のもととなります。

まずは散歩やストレッチなどから始めてみましょう。
散歩は景色を見ることによって気分転換もできますし、精神的・肉体的の双方に同時に働きかけることのできるストレス解消方法です。
ストレッチや目を温めるなどといったことは、今日からでも仕事の合間に取り入れやすいのでいいですね。

別世界を大事にすることで気持ちを開放する

では、精神的なストレスはどうすればいいのでしょうか。
会社の人間関係などに疲れた場合は、プライベートで全く違う世界の人間との関係を構築することです。
営業などと違い社内で過ごすことの多い社内SEですが、このように自分の世界を広げることでふっと気が楽になることもあるのです。

たとえば家族との時間を大事にする、学生時代の友人と無邪気に過ごすなど。
「そんなことより、疲れているのだからとにかく休日は寝ていたい」という方もいるでしょうが、これはあまりおすすめできません。
自律神経のバランスを崩したり偏頭痛の原因になるなど、かえって体の不調を招くことがあるからです。

このように精神面と肉体面の双方をバランスよくケアしてあげることで、社内SEを続けていくうえでのストレスとうまく付き合っていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ