社内の人の社内SEのイメージは?

Excellence Expertise Perfection Global Growth Concept

社内SEは主に企業のシステムの開発から運用、ヘルプデスク・サポート、うまく回っていないプロジェクトのサポート役など幅広い業務内容が特徴です。
そんな職種からか社内には社内SEに対する様々なイメージが存在しているようです。

今回は社内SEとして転職を考えられている方に、社内で社内SEとはどんなイメージを持たれているかについて、ご紹介したいと思います。

技術に関する何でも屋さん

社内SEはインフラ・ネットワークに関わらず、システム全般の高度な知識と技術力とヒアリング能力、分析能力、管理、マネジメント能力などが求められる大変な職種でもあります。

そのため、企業に関わるシステム全般の業務を一手に担うことも少なくないため、小さいトラブルから大きなトラブルまで全てを解決まで導きます。

そこで社内の人間が社内SEに抱くイメージは頼りになる「何でも屋さん」というのが最も多いようです。

気難しい方が多い?

社内SEはその高度な技術力を持っているため、社内では一目置かれる存在です。
そのため、イメージはバリバリの理系であり、論理的、感情論は一切通じないお堅い人というイメージを持っている方も少なくありません。

そのため、技術的観点ではこれ以上のコスト削減は無理と提案しても、コストを管理する重役にとっては「すぐに無理と言い切る諦めが早いやつ」というイメージを持たれる事もあります。
技術的な視点と経営的な視点ではどうしても折り合いが付かないことも多々あります。
そんな双方の擦り合わせに苦労される方も少なくないようです。

利益を追求していない

社内の中には社内SEに対して、ひどい誤解をしている方も少なくありません。
営業部や企画部など売上目標を設定されている人たちから見ると、社内SEは特に売上や利益などに責任を持っていないという誤ったレッテルを貼られがちです。

しかし、社内SEにもシステムを保守・運用・改善を行うことで自社にかかるコスト下げるという目標もあります。
ただ、なかなか外からは気付かれにくいため、このような誤った認識が広がっていると思われます。

すごく優秀な方が多い

社内SEの募集は少なく、競争率も高い傾向があります。
特にSIer(大手IT企業)の技術者に人気の職種でもあり、競争率も高く、内定を勝ち取る方はITの知識、技術、経験なども豊富で優秀な方が多いのが実情です。

そのため、前に務めていた企業が大企業の方も多いため、その経歴からすごく優秀というイメージが強い傾向があります。
その一方で周囲からの期待も大きく、能力以上の案件を頼まれることも多々あります。

しかし、難解なプロジェクトを完遂したときの達成感は大きな糧となります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ