社内SEの中にも花形がある?

Business concept. Isolated on white

そもそも人気のある社内SE

IT業界において、情報システムの考案・構築・運用を行うシステムエンジニア(以下:SE)は花形的職業と言えます。

今や日常で当たり前の存在になったパソコンですが、そのパソコンを用い、自身の知識と技術を生かしてより大きな価値を生み出せるようになるSEは、職人的な格好良さや、クリエイティブな華やかさがありますからね。

しかしその一方ではクライアントからの納期に追われ、その限られた期間の中でも出来るかぎり良い物を提供しようと奮闘するうちに、日々の激務に嫌気が差すケースや、心身を壊してしまうケースもあります。

社内SEと呼ばれる職業においてはクライアントが社外ではなく社内なので、新規システムの立ち上げよりも日々の運用やメンテナンスが主となる為、ワークスタイルとしては比較的安定しています。

どちらが良いかは個人の向き不向きもあるので一概にはいえませんが、心身を安定させ易い社内SEは、SE業界の花形だと捉えられる場合も多いです。

十人十色? 社内SEとしてどう携わるか

社内SEといっても、企業の規模や業務内容によって細分化されます。比較的大手の企業であれば戦略の立案・システムの企画、基幹システムの構築・運用・保守、インフラの構築・運用・保守、サポート・ヘルプデスク等で業務が分けられていることもあり、どれも社内SEの業務になります。

また、小規模の企業や社内SEを軽視する企業であればそれらが纏められているケースもあり、普段の業務量が少ない場合では他業務との兼務になるケースもあります。

社内SEとしての業務範囲があやふやなケースもあり、実質的に何でも屋さんをやらされる人も…。これらは、勤める企業によって変わってきます。

捉え方次第で花形にも黒子にもなる社内SE

一般的にいう社内SEは、社内の業務を円滑に進める為のサポーター的な役割が強くなります。ユーザーは自社内に居る訳ですから、その人たちがより生産力を高められるように思案し、システムを構築・運用します。そして生産力の上がった会社は、より大きな利益を生むことができるようになります。

直接的に利益を生むのは社外から資本を集めてくる営業で、企業における花形だと言われます。一方の社内SEは、屋台骨を支える黒子だといわれます。地味な印象が強いようですが、果たして本当にそうなのでしょうか?

社内SEは会社全体を見渡すのに絶好のポジションです。ユーザーは社内に居る訳ですから、自社に対する理解を深め、他部署とのやり取りを積極的に行う必要があるからです。

そして、ユーザーが満足のいく結果を出せた時には大きな充実感を得られることでしょう。良い仕事ができれば、周囲の評価も上がります。

会社はチームであり、社員はチームメート

例えばですが、サッカーにおいてゴールにボールを入れて点数をとる人だけが偉いのでしょうか?
応えはNOです。

その人にボールを繋いでアシストする人が居れば、敵が攻めて来た時に自陣を守る人も居ます。中間的な位置から、戦局によって役割を変える人も居ます。それぞれの役割があり、それぞれの果たすべきことがあります。

会社の為に。そして社員の為に最高のサポートを行う社内SEは、見る人から見ればとても重要な存在であり、ヒーローです。地味な側面もあるかもしれませんが、会社に対して総合的に携われることは、社内SEとしての花形であるともいえます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ