外資系企業にも社内SEのポジションはある?

pixta_2995374_S

 日系企業での社内SEと外資系企業での社内SE

社内SEという仕事は勤める企業の規模や取り組む内容によって細分化されますが、勤める会社が日系企業なのか外資系企業なのかでも随分と様変わりします。

日系企業では比較的若い社員構成のITベンチャーであればシステムに対する親和性も高いです。
しかし、年齢構成が高めでITに対する認識が弱い企業ですと、システムを使いこなす為のスキルがあまり高くありません。

社内SEの担当者がどれほど効率の上がるシステムを構築・運用したとしても、使い難いと感じられてしまっては、まともに使って貰えない可能性すらあります。

一方の外資系企業であればシステムを使いこなす為のスキルが高い傾向にあり、多少使い難くとも与えられたものを使って業務をこなし、より先鋭的なシステムを求められる可能性があります。

外資系企業における社内SEを考えてみる

外資系企業では、日系企業よりも社内SEに対する重要度を高く捉えている傾向にあります。それは給料や福利厚生の面にも表れており、好待遇を用意している企業が多くあることからも伺えます。

「それなら、外資系での社内SEが良いかな。」と思うかもしれません。
しかし、外資系企業を志望するに辺りとても重要なことがあります。それは、英語のスキルがある程度あるかどうか、ということです。

通訳レベルや、英語での会話が流暢なレベルとまではいいませんが、ビジネスを進める為の最低限の英語力は必要です。

インターネットで外資系企業の社内SE求人を検索すると分かるのですが、企業によっては求人内容が英語で書かれていたりもします。SEとしてのスキルに加えて英語のスキルが必要なので、ハードルは少々高くなります。

日系と外資系、どちらが絶対に良いというものではない

日系企業でシステムを使いこなせない会社だとシステムの構築に苦労すると前述しましたが、それは言い換えればその人達が使いこなせるシステムを構築できたのならば、それはとても使い易く馴染み易いシステムであるということです。

機能の豊富さよりもシンプルさを求められた結果、誰でも使いこなせるシステムを作ることができた。色々な物が複雑化した現代では、それらが有効になる可能性も出てきます。

また、給料や福利厚生の面で手厚い待遇を用意している日系企業もあり、外資系企業の方が絶対に好待遇であるともいえません。英語に対するハードルが低い分、日系企業の方が気楽で良いと判断されることもあります。

日系企業か外資系企業か。大企業か中小企業か。同じ分野の企業であっても企業ごとに業務内容は異なるので、自分の得手不得手や、理想とする将来像をしっかり思い描いて選ぶことが大切になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ