英語ができる社内SEは優遇される?

Multiethnic Group of People Holding Letter English

昨今の日本社会ではグローバルという言葉がひっきりなしに使用されています。
少子高齢化に進む日本社会では市場を海外へと移す意識が高まり、特に国境がないIT業界ではその兆候が顕著に表れています。
そのため、理系のエンジニアでも英語力を求めている企業もあり、実際に外資系企業の社内SEの募集も存在します。今回は英語ができる社内SEについて、ご紹介したいと思います。

社内SEに求められるTOEICのスコアは?

社会人のTOEICの平均スコアは550といわれています。従って、一般的にはTOEICスコア600以上あれば、履歴書に書けるレベルです。

しかし、業界によって、求められるスコアは異なります。マスメディア系だとTOEICの平均スコアは620以上、商社でも平均が600以上とされています。グローバルで活躍している社会人に至っては、TOEICスコア800以上は当たり前とされています。

ある大手ECサイトを運営している会社では中途採用に求めるTOEICスコアは800以上と定めています転職したい業界の平均スコアよりも50~100以上高いスコアを取得しておくと良いでしょう。

外資系や海外取引先がある企業で求められる英語力

英語力がある社内SEは優遇されるのでしょうか。
これはその他の職種同様に英語はコミュニケーションツールとしてしか見られていません。
TOEICもあくまで英語の下地があるかどうかを見る指標でしかないため、TOEICスコアが高いから年収も高くなるというわけではありません。

しかし、実践で通用する英語能力があれば、即戦力として採用される可能性は高いといえます。面接時に英語でやりとりを行うなどの工夫をしてみると良いでしょう。

今後、英語は必須となってくる?

近年の傾向としては職種に関わらず、実践で使える英語力はニーズが高まる傾向にあります。そのため、実践的な英語力をつけたい場合は社内SEとしての知識とは別に勉強する必要があります。

最近では格安のオンライン英会話を受講できたり、ビジネスマン向けの英会話教室を提供している会社も数多く存在します。
自分が目指すべきキャリアプランをきちんと描きながら、実践的な英語力を身につける必要があるでしょう。

英語未経験者にとって、いきなり英語を必要とする大規模プロジェクトに関わるにはハードルが高いものといえます。
しかし、社内SEの業務はヘルプデスクやサポートといった業務もあります。

まずは英語での業務に慣れるためにも海外サポートがある企業に転職するのも良いかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ