社内SEは長期的なキャリアプランにおすすめ?

Work Working Job Career Business Collaboration Concept

システムエンジニアの方で「いずれは社内SEになりたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。近年、社内SEへの需要は日に日に高まっており、企業も積極的に採用活動を行っています。
また、経験数がモノを言う職種でもあるので、長期的なキャリアプランを組むことができるおすすめの職種でもあります。

今回は、社内SEのキャリアプランについて、ご紹介したいと思います。

社内SEの業務

社内SEは一つの企業に属し、自社内のインフラ・システム構築とその運用・保守・改善を行うことから、システムの企画・設計、課題の分析、ヘルプデスク・サポートなど幅広い業務を一手に行う職種でもあります。
そのため、知識や技術力だけでなく、課題提案能力、コミュニケーション能力、ヒアリング能力、マネジメント能力などビジネスマンとしてのスキルも向上できる職種でもあります。

下積みも長く、長期的な業務を行える

若いうちから社内SEへ転職するという目標を持っておくと、その後のキャリアプランも描きやすくなります。
社内SEは高い知識と技術力、経験がなければ、採用されることはありません。

そのため、若い時から現場の開発業務を積極的にこなし、社内SEに必要なコミュニケーション能力や課題分析能力、プログラミング能力を磨くと良いでしょう。

また、社内SEはヘルプデスクやサポート業務もあるので、仮に、今の会社のヘルプデスクで人が足りていない場合は異動願いを出すのも良いでしょう。
長期的な大規模なプロジェクトも担当することも多い社内SEを目指すのであれば、大規模プロジェクトに関わりたいと現在の上司に今後の業務担当について、相談するのも良いでしょう。

年齢が上がるにつれて、報酬も高くなる

社内SEの年収は平均約580万円となっています。
これは年代別で見ると20代が約380万円、30代が約520万円、40代が約690万円となっており、年齢が上がるにつれて、年収が高くなる傾向があります。
これは年功序列の給料系体ではなくて、年齢が上がるにつれて、知識、技術力、経験も豊富となり、責任あるプロジェクトや手がける業務の幅も多くなるためです。

そのため、社内SEになった後、数々のプロジェクトを担当し、完遂することで目に見える結果と評価が得られる職種でもあります。
自分が目指したい年収を指標にしたり、どの業界のどんな業務を担当したいかということを目標に日々の業務をこなすと社内SEへの転職の道も開くことができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ