社内SEにも派遣がある?

pixta_14357152_S

派遣社員にも社内SEの求人はある

システムエンジニアこと、SEの派遣はよく耳にします。勤務内容が過酷なのかどうかはさておけば、比較的高時給で、需要の高いお仕事です。

では、社内SEでの派遣はあるのでしょうか?

社内SEはSIerでのSEと違い、クライアントが取引先ではなく社内のユーザーになることから、納期やクオリティ等への要求が社外ユーザーと比べて緩やかなこともあり、SE業界の中では比較的安定した勤務体制で仕事をする事が出来ます。

そういったことからも最前線ではなく、もう少し穏やかな環境の中でSEとして仕事をしたいといった場合、とても人気があります。そして、派遣社員でも社内SEの求人はあるのです。

正社員としての社内SEは狭き門?

社内SEは自社内での勤務となりますので、社外との取引で発生するプレッシャーからは解放されます。
しかし、自社のことをより深く知る必要も出てくるので、社内での対人スキルは勿論、守秘義務もより強くなります。
そういった意味では企業としても派遣ではなく正社員での雇用を考える場合もあり、出入りの激しくなる可能性がある派遣では、少々ミスマッチと考えられます。

ですが、例えばSIerとして日々パソコンへ向かっていたバリバリの開発系SEの人を社内SEとして雇うような場合、SEとしてのスキルが高くても、パソコンと向き合ってばかりの日々では対人関係に疎い場合も考えられます。
企業としても、正社員での採用は慎重にならざるを得ません。

万が一のミスマッチを考えた場合、正社員よりも派遣の方が契約を打ち切ることが容易ですので、結果として派遣での社内SEという仕事にも需要が高まっております。

正社員としての社内SEへの道、紹介予定派遣

前述のように、SEとしての技術力のみでは正社員として社内SEの採用を見送られるケースがあります。
やはり、同じ会社で長く働いてもらう予定の正社員であれば技術力以外に人間性や協調性も重要視されますので、本当は良い人でも自己PRが弱い場合や最初の印象が今一つの場合には、どうしても採用されるのが難しくなってしまうのです。

そこで、派遣は派遣でも、紹介予定派遣での社内SEという道があります。派遣として社内SEの勤務を経て、企業側が正社員として直接雇用する可能性のあるものです。

これはある種の試用期間であり、企業としてはその人がどんな人で、どれほど技術があるのか見極める猶予となりえます。また、働く側としても仕事をしながら社内の様子を伺うことができるので、双方のミスマッチを防ぐ役割を果たしてくれます。
加えて、派遣会社が第三者として採用される側と採用する側を客観的に評価してくれるので、両者に更なる安心感を与えます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ