社内SEは需要が高い?

Side view photo of confident multi ethnic business people lined up getting ready for race on modern sport track. Stadium as a background

募集機会が少なく、競争率も高い社内SEですが、最近はその需要が高まりつつあるという話があります。
今回は社内SEの需要が高まっている背景と社内SEへ転職するために必要な心構えについて、ご紹介したいと思います。

インターネットやWEB業界が活況

IT技術の発展により、インターネットやWEB業界の全体の需要が高まっています。
そのため、WEBエンジニア全般の需要が高まっており、実務や知識がほぼ未経験の方でも採用されているような現状があります。
その他、WEBデザイナーやクリエーターも求人が増えており、特にECサイトやソーシャルゲーム業界の需要が高い傾向があります。
同じく社内SEの需要も高まっており、積極的に採用活動を行っている企業も多数あります。

業務系SEも高い需要がある

メーカーに限らず、通信、生命保険、金融、流通、製造などの幅広い分野でシステムの再構築の需要が高まっているので、それに対応することができる業務系SEや企画・設計、管理を行う社内SEの需要も高くなっています。

社内SEを目指したい方にとっては幅広い業界の需要が高まっているので、選択肢が多くなることはメリットであると言えるのではないでしょうか。

狭き門の社内SE

しかし、社内SEの需要は高まっているものの、内定までの競争率は以前と同じく厳しい選考であることには違いありません。
特に、システムの再構築のため、新たに社内SEを採用する企業が多く、既存のシステムの課題分析能力や再構築にいたるまでの企画・設計能力、プロジェクト管理能力など高い知識と経験、技術力が求められます。
専門知識が必要とされる業界も多く、業界毎の特徴や知識を備えている必要もあります。

また、募集枠も企業一つにつき、1~2人と少ないのも特徴です。さらに他の職種と比べても、社内SEの面接回数は多いため、内定を勝ち取るためには面接対策も必要となっています。

社内SEになるためには

社内SEへと転職する際はまず「狭き門」であることを認識しておく必要があります。
また、自分が今後どのようなキャリアプランを積みたいかを真剣に考え、挑戦したい業界を徹底的に研究する必要があります。

研究した際に自分に足りない知識、技術、経験を少しでも補えるように現在の職務にこなすだけでなく、積極的に課題解決、分析、提案をするなど社内SEに必要とされる基本能力を高めると良いでしょう。
また、社内SEが保有している資格を取得することも平行で進めましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ