社内SEでも人気の業界は?

Stock chart showing the computer monitor

人気な社内SEの傾向

社内SEのお客さん=同じ会社の人となります。同じ社内のシステムの保守や構築、発注などがメインの業務となってくるため、各社の目標達成のために仕事をすることで、より達成感が得られると言われています。

そんな社内SEですが、業種毎の実務面を見ると、営業など他の職種に比べて比較的に差が小さいといえます。
各企業においてITがどの様に関わってくるかは業界間よりも、経営方針による差のほうが大きい場合もあります。

どの様な業界での社内SEが人気(=狭き門)となっているのでしょうか?

人気がある社内SEの業界って?

人気がある社内SEの傾向は、メーカーや、金融機関、商社などの転職市場での人気と比例していると言えます。
従って会社規模が大きくなればなるほど、その会社の社内SEの募集枠への応募は増えてきます。

金融、保険系の社内SEは他の職種の傾向と類似する点があり、仕事の量が多く激務になる傾向があったりします。
将来リストラの可能性についても分かりませんが、その分お給料の面も良かったりします。

製造系のメーカーなどの社内SEは仕事の量で言えば大幅に負担が少なく、リストラの心配も低いと言われています。
しかし、技術スキルが身につきにくく、IT系などのエンジニアなどに再度転職をすることは難しくなってきます。

また、社内SEを募集している企業が今どのような状況に置かれているかも大きく関係してきます。
成長段階にある企業における社内SEは社内のシステム導入などの上流過程に携わることになります。
一方で、既に安定期に入っている企業では、導入されたシステムの保守点検や管理などがメインの業務となってくることが多いでしょう。

業界選びのポイント

最後に業界選びのポイントです。
社内SEになるためには、働く業界をよく知っている必要があります。
従って、今までに開発してきたシステムがどういったお客さんへ納品していたか、という点がキーポイントとなります。

納品経験があれば、社内SEになった際にいざ、外部へ発注することになってもご自身の経験が活かされるはずです。
また、ご自身が興味を持てる業界かどうかも1つ判断軸となります。

社内SEになるということは、技術的な側面よりも、事業とシステム両方の知識を持っていることがご自身の強みになります。
従ってさらに転職をしたいと思っても不利、あるいは困難となります。
そのためにもご自身が長期にわたって興味を持てる業界を選ぶことも一つのポイントではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ