社内SEが高評価をもらうための働き方

Business People Communication Discussion Office Working Concept

高評価の必須項目はコミュニケーション能力

高評価を得たいと思うなら、まずは社内SEとして自分が求められているものをよく知ることが肝要です。
社内SEの働き方や仕事内容は、属する企業によって全くと言っていいほど違ってくることもあります。
トラブルシューターとしての役割がメインの場合もあれば、それと同時にシステムの提案や開発、管理までを一貫して行っている場合もあるでしょう。
しかしいずれにしても喜ばれる能力として共通していることがあります。
それはコミュニケーション能力の高さ、人当たりの良さです。
ITエンジニアというと相手がPCなどの機械だけのようなイメージがありますが、実際はユーザーとのやりとりも多くなります。特に社内SEとなると社員や現場だけではなく、経営陣などともやりとりをする場面も考えられます。
ITリテラシーの高くない人を相手にする場合もイライラしたりせず、相手の言いたいことを感じ取り、うまく説明したりしなければなりません。そういったときに、タレントマインドを持つ人は重宝されるというわけです。

全体を見渡し問題解決の道を探る

それと同時に各部署に顔が広く、それぞれの業務の流れに精通しておくことも大事なことのひとつです。
企業としての業務の流れや人員の特徴などを頭に入れておくことで、問題点を探りやすくなります。

実際にITリテラシーに明るくない社員にとって、情報システムを改善することで業務がどのようにやりやすくなるかなど想像すらしていないことも。

社内全体を見渡した上で、情報システムによって問題解決を提起できるのは社内SEの大きな役割です。
社内システムの提起によって各部署の問題点を解決できないかという観点まで到達できれば、企業にとって社内SEは単なるトラブルシューターではなく大きな力として評価を受けるでしょう。

社員の知識を高める教育を

また、社員の教育や啓蒙をしていくことも大事です。
役に立つシステムを作ったつもりでも、周囲がそれを使うだけの能力や知識が足りていなければ理解を得ることは難しくなります。
自分のしていることがどれだけ部署に有益なのか、企業にとって役立つのかといったことを正確に評価してもらうためには、自分以外の人間にもある程度知識を身につけてもらう必要があります。

具体的には勉強会を開いたりするなどの方法をとり、社内全体のITリテラシーを高めていくことで、トラブル時などのコミュニケーションの改善にもつながります。
社内SE自身も仕事をしやすくなり、評価にも結びつきます。

社内SEに求められるものは、このように単なる技術力だけではないことがわかります。
とりあえずトラブル対応だけにあたってくれればいいと考えている企業であっても、上記のポイントを踏まえておけば、高評価を得られるチャンスが広がります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ