資格は全て取得した!社内SEが次に目指す資格とは?

Skill Ability Qualification Performance Talent Concept

社内SEに求められる資格とは?

単純に資格といっても無数にあり、掛けられる時間も費用も限られることから、ただやみくもに取得すれば良いというものではありません。

社内SEとしての業務を考えた場合、自社に対するより深い理解や、他部署とのコミュニケーションも求められる為、SEとしての技術力の他にも様々なスキルが必要になります。
そうなると、取得する資格も少々検討する必要が出てきます。

そんなことから、SEとして技術畑を歩いて情報系の資格を重点的に取得してきた人には耳が痛いかもしれませんが、応募・面接時に有効となる資格を幾つか紹介したいと思います。

基本の2つ、基本情報技術者と日商簿記2級

やはりと言いますか、IT関連の国家資格である情報処理技術者試験は持っていて損がありません。
特に『基本情報処理技術者』は一つの基準ラインであり、システムの構築を外部に注文するスタンスの社内SEであったとしても、外部とのやりとりをスムーズに進める為には知識として欲しいところです。

また、社内SEは自社のシステムに深く関わる仕事ですので、自社に対するより深い理解力が必要になると前述しました。
自社に対して何が必要なのかを気が付くには、SEとしての知識以外に簿記の知識があると役立ちます。

日商簿記はビジネス全般を把握するのに必要な知識が詰まっているので、是非とも目指したいところです。

因みに1級は税理士を目指す為のハイレベルな内容ですので、取得がとても大変な為に現実的ではありません。また、3級であれば持っていて当然であると判断されるラインです。自己PRや実務の為には、『日商簿記2級』が現実的です。

ITベンダー認定資格と、IT関連団体認定資格

ITベンダー認定資格においては、オラクルとマイクロソフトの『データベース分野』が人気です。
一般的にはあまり馴染みのない分野ですが、社内SEとなれば、社内の生産性を高める為には必要なスキルです。

また、SE全般にいえることですが、『開発分野』の資格もやはり人気があります。

IT関連団体の認定資格では、『ITコーディネーター』や『ITIL』が人気です。
ITコーディネーターはIT技術をどのように生かせば良いのか経営者に対して助言・支援のできる人材育成を目的とした資格であり、社内SEの役割にすっぽりとハマる内容となっています。

ITILは分野ごとに分かれており難易度も変わるのですが、ITサービスマネジメント資格として『ITILファンデーション』というものがあり、ITサービスの全てのプロセスを明確にし、可視化した状態で管理可能な形にて提供することを目的としていて、こちらも社内SEにハマる内容となっています。

社内SEとしての役割を考えた上で有効な資格を考え、スキルアップを目指しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ