エン エージェントの特徴

参考:https://enagent.com/

参考:https://enagent.com/

社内SE専門のキャリアパートナー

転職を支援・サポートしてくれる相談員のことをキャリアパートナーと呼び、エンエージェントには70名以上のキャリアパートナーが従事しています。
その中から、各職種の求人情報や企業側の求める人材などを熟知し、職種毎に分かれたキャリアパートナーへ専門的な相談をすることが出来ます。

社内SEの求人をしているそれぞれの企業側がどのような人材を求めているかによって、履歴書の書き方や面接時に伝えるべき内容などの細かな所まで、人事経験者や実際に勤務していたキャリアパートナーから指導を受けることができるため、しっかりと説得力のある自己アピールによって企業側へ効果的なアプローチをすることが出来ます

また、企業側からの選考結果についても合否のみではなく、その理由についてもきちんと説明があるため、次の応募時に活かすことが可能になっています。

各個人に合った企業のフィッティング

転職者の経歴や技術についてだけではなく、人柄や内面的なことまでもヒアリングし、転職者と企業側それぞれの希望に合ったフィッティングをすることが可能になっています。
希望に合わない企業へ転職した際には、その相違から再び転職活動を行う方も少なくはありません。
短いスパンでの転職は「仕事が長続きしない」というレッテルを貼られてしまいやすくなり、次の企業へ転職する際には大変不利になってしまいます。
そういった状況を無くすため、転職者側だけではなく、企業についてもしっかりと長所と短所を把握し、転職者へ明確に提示することを心掛けています。
そのため、転職後の早期退職率が4%と低く、長期間での勤務ができる環境を提供できるのです。

転職後のサポート体制

転職先企業が決定し入社した後にも、エンエージェントは転職者に対して定期的に現在の勤務について確認をする連絡をしています。

2週間後・1ヶ月後・2ヶ月後・半年後・1年後・1年半後・2年後・2年半後・3年後とこまめに近況確認をすることで、実際に勤務してから現在までどのような状態であるかをしっかりとヒアリングし、必要な時にはアドバイスなども行っています。
「転職をしたから終わり」というわけではないのです。

企業側と転職者の双方にとって良い転職となったのかどうかを確認するところまでの長期間サポートが最大の特長と言えます。
更に、転職後には新たな技術・能力の開発を支援する講座を有料にて行っているため、転職後の更なる活躍のためのキャリアアップにも充実したサポート体制が整っています

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ